お問い合わせ

サービス案内

事業再生

事業再生は,経営者のみならず,すべての利害関係者にプラスです。

リスケジューリングとは

会社の経営状態が悪化した場合,破産など法的整理を実行しなければならないケースもあります。
しかし,営業利益は出ているのに,金融機関への支払が苦しいために法的整理を考えているという場合には,リスケジュール(リスケ)による事業再生が目指せます。
リスケとは,金融機関との交渉によって,融資を受ける際に約束した支払条件を緩和することです。具体的には,支払期限を延期したり,月々の支払額を減額したりします。場合によっては,元金返済を猶予してもらい,利息だけ支払いを続けるケースもあります。

リスケの効果

金融機関への支払いを減額している期間を利用して,企業のキャッシュフローを改善する,設備投資を行う,売上拡大のための従業員を雇用するなど経営状態の改善をはかるのです。

リスケによる事業再生は関係者にとってもプラス

事業再生が実現できれば,経営者の生活はもちろん,労働者の雇用が確保され,取引先関係者への支払いを続けることが可能となります。返済条件を緩和する金融機関にとっても事業者が破産するよりもメリットがある場合が多いです。
このようにリスケによる企業の事業再生は,利害関係者すべてにとってプラスに働くのです。

事業再生事件の専門性

リスケによる事業再生には,短期,中期,長期といった視点から事業計画を策定する能力,金融機関との交渉ノウハウ,会計士等他士業との連携が必要不可欠です。
また,リスケは,一度行えばそれで済むというものではありません。一定期間(概ね3ヶ月間程度)ごとに金融機関と再交渉する必要があります。当初立てた事業計画の修正を余儀なくされた場合,金融機関との交渉は難航しますし,リスケ中に会社が得た財産をいかに金融機関の理解の下,余剰資金として確保するかなど十分な実務経験無くしては対処できない問題の発生が多く想定されます。

事業再生には顧問サービスによって信頼関係構築が望ましい

リスケによる事業再生は,場合により何年もの期間にわたり継続するケースがありますので,弁護士と会社の信頼関係の構築が不可欠です。
当事務所では,依頼者となる会社との密なコミュニケーションを第一にすえています。法的問題にかかわらず,経営者の悩みに傾聴しつつ,事業再生へ向けて,全力で企業をサポートしていきます。また,事業を継続する中で発生する他社とのトラブル対応にも顧問サービスによる弁護士費用の割引サービスが有用です。まずは,お気軽にご相談ください。

顧問弁護士サービスのご案内を見る

サービス案内