お問い合わせ

顧問弁護契約

契約書は予防法務において最も基本的,かつ重要。

顧問弁護士サービスの利用を検討したことのある経営者の方は少なからずいらっしゃると思いますが,「訴訟を起こされるようなことはしていない」「弁護士に依頼するような機会は少ないのに毎月のコストをかけるのはもったいない」などのご意見を頂戴することもございます。
しかし,顧問弁護士サービスは,紛争発生前にこそ活用されるべきです。
例えば,ビジネスにおいて新たなに取引関係を築く会社と契約をする場合,契約書の内容に不利なものが含まれていないか,発生しうるリスクについて適切な対処が規定されているか等事前に審査すべきです。
紛争が起きてから解決するには多額のコストがかかることが多く,場合によっては経営に支障を来すこともあります。しかし,事前に契約書作成を弁護士に依頼して紛争を予防する,紛争のリスクを想定することができれば紛争発生後の解決コストを節約することが期待できます。
契約締結に限らず,何事も事前に相談し,紛争・損害を予防することが大切ですので,日頃から法務について相談することができる顧問弁護士がいることは,回り回って紛争コストの削減につながります。
当事務所では,顧問先企業との密なコミュニケーションを第一としていますので,法律相談のみならず日々の経営の悩みから親身にご相談をお聞きします。また,顧問弁護士サービスプランを複数用意しておりますので,利用頻度に見合ったプランを選択していただくことができます。




 

【顧問弁護士サービスについてお問い合わせ】

顧問弁護士サービスに関するご相談は初回無料でお聞きしております。
興味ご関心をお持ちの方はお気軽にご連絡下さい。